B Corp取得に向けたサポート、アセスメント日本語版、社内向け資料を提供しています。お問い合わせはこちら

カーボンオフセット

カーボンオフセット

BIAでは温室効果ガスへの取り組みを問われる。クライアント(以下A社)で実際にカーボンオフセットで取った対応を紹介する。

A社はIT事業を営んでおり比較的環境負荷が小さい会社だったので、ネット・ゼロ(二酸化炭素排出実質ゼロ)という目標を立てた。対応は下記の通り

・業務で使用する電力(主にPC)を測定。(PC使用時間×係数)

・電力からCO2排出量を計算。(電力×係数) 参考

・CO2排出分を吸収できる木数を計算。(CO2排出量/木一本当たりのCO2吸収量) 参考

・サイトを通じて植林。サイトは規模が大きいものを選定(規模の効果で一本の植林にかかる環境負荷が低い)

one tree planet

参考までに18本植えた計算過程を掲載する。

PCの1時間当たりの使用電力 60W、上期のPC使用時間5800h

60W * 5800h = 348000W = 348KW

CO2係数 0.445

348KW * 0.445 = 154.9kg

木1本あたりCO2吸収量 = 8.8kg/年

154.9 / 8.8 = 17.6本

ワークシートはこちら